妊娠中に注意が必要な魚と、そうでない魚12のまとめ

妊娠中に注意したい魚 ベビー

産婦人科によっては特に詳しい説明がない魚の摂取について。妊娠時には、ちょっと注意が必要な魚があります。それは、水銀量が多めの魚です。

でもなぜ水銀がよくないのでしょうか。

厚労省HPに詳しいことが記載されていますが、一部抜粋すると、胎児への影響として、音を聞いた場合の反応が1/1,000秒以下のレベルで遅れるようになると記載されています。

そ、そうなんだ・・・・

また、日本の食品安全委員会は2005年に妊婦が1週間に摂っても良いメチル水銀の量を「体重1kg当たり2.0ug(100万分の2グラム)」と設定しており、日本の標準体重55.5kgで計算してみると、妊婦が摂取して良いメチル水銀の量は1週間あたり110ugということになります。

ただ世界の基準は1.6ugともっと厳しい基準を設けている国もあるようです。

厚労省の詳しい内容については下記から確認できます↓

もっと詳しい内容については厚労省のHPこちらを確認ください

では、さっそく注意の必要な魚をまとめていきます。

 注意が必要な魚のまとめ

1週間に摂取する魚は★が二つまでを推奨されています。

特に注意が必要★★ 1週間に80gまでに抑えたい魚

妊娠中に注意したい魚メカジキ

下記の魚を食べた場合、1週間にどれかひとつ80gまでに抑えることが推奨されています。

キンメダイ

メカジキ

クロマグロ(本マグロ)

メバチ(メバチマグロ)

エッチュウバイガイ

マッコウクジラ

ツチクジラ

1週間に160gまでに抑えたい魚 ★1つ

妊娠中に注意したい魚ミナミマグロ

下記の魚は★1つなので、80g×2までに抑えることを推奨されています。

上記の★★を摂取していた場合は、すでに★が二つなので、魚の摂取は控えたほうがより安心といえますね。

キダイ

マカジキ

ユメカサゴ

ミナミマグロ(インドマグロ)

ヨシキリザメ

クロムツ

 特に注意の必要のないもの12個

妊娠中に注意の必要のない魚

キハダマグロ

ビンナガ

メジマグロ

ツナ缶

アジ

サバ

イワシ

サンマ

ぶり

カツオなど

 魚介類中の水銀濃度が詳しくわかる一覧

ありがたいことに、魚介類中の水銀濃度が詳しくわかる一覧サイトがあります!もっと詳しく具体的に知りたい人はぜひ見てみてください。

魚介類中の水銀濃度から魚の食べ方を考える

こちらのサイトには詳しい魚の水銀濃度だけでなく、妊婦さんの魚の食べ方目安についても記載されています。

アーモンドミルクがおいしすぎるけど、妊娠中でも問題ないか調査してみた!
アーモンドは非常に栄養価が高く、他の記事でもでてくる万能の食品です。 アーモンドミルクがおいしすぎる。けど・・・?妊娠中は摂取量が過剰になってないかなど気になりますよね・・・ほんのりとした甘さと、香ばしい香...

 まとめ

私自身記憶力がなさ過ぎて、覚えられません・・・

マグロ類(マグロ、カジキ)、サメ類、深海魚類、鯨類(鯨、イルカ)を注意!と覚えれば覚えやすいかなと思います。もしくは、このまとめをブックマークしたりメモったりして、注意してみてください。そこまで神経質になる必要はないのかもしれませんが、ちょっとでもリスクがあるならば避けたいのが母親ですよね。

参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました